建退共(建設業退職金共済制度)

kentaikyou

建設業で働く現場労働者のために、国が作った退職金制度

(平成3年10月1日改正)

令和3年10月からの制度の特徴

〇運用利回りは1.3%
〇月々6,720円の掛金(1日320円×21日分) 
※掛金は組合費と一緒に納入します。
〇労働者は事業所で、一人親方は広島建労の組合員なら自分で積み立てることができます。
〇加入・請求などの事務手続きや、証紙の購入・貼り付けも、すべて組合が行います。
〇建設産業全体に適用されているから、事業所が変わっても継続できます。
〇共済手帳に証紙を貼り付けることで、掛金を積み立てます。
〇掛け始めに、国から50日分の補助があります。
※現在は証紙1日320円×50日分=16,000円分
〇250日分(約1年)以上積み立てたら、建設業をやめる時に一括で受け取ります。
※ただし500日分(約2年)未満の場合は、元本割れします(死亡による遺族請求はこの限りではありません)。
※他の退職金制度(中退共・小規模企業共済など)を掛けている方、賃金に役員報酬が含まれる方など、建退共を掛けることができない場合があります。詳しくは組合へお問い合わせください。

※令和3年10月より

実質掛けた月数 実質掛けた日数 実質掛けた金額 退職金額
12月(1年) 252日 80,640円 24,192円
60月(5年) 1,260日 403,200円 414,087円
120月(10年) 2,520日 806,400円 893,559円
240月(20年) 5,040日 1,612,800円 1,933,479円
360月(30年) 7,560日 2,419,200円 3,038,919円
480月(40年) 10,080日 3,225,600円 4,268,007円
令和3年9月までの制度の特徴

〇運用利回りは3.0%
〇月々7,750円の掛金(1日310円×25日分) 
※掛金は組合費と一緒に納入します。

※令和3年9月まで

実質掛けた月数 実質掛けた日数 実質掛けた金額 退職金額
10月 300日 77,500円 31,248円
22月 550日 170,500円 188,790円
58月 1,450日 449,500円 503,874円
118月 2,950日 914,500円 1,177,659円
178月 4,450日 1,379,500円 1,951,698円
238月 5,950日 1,844,500円 2,839,662円
298月 7,450日 2,309,500円 3,855,873円
358月 8,950日 2,774,500円 5,058,921円
418月 10,450日 3,239,500円 6,458,571円
478月 11,950日 3,704,500円 8,128,386円
538月 13,450日 4,169,500円 10,100,916円
598月 14,950日 4,634,500円 12,321,477円

お問い合わせ

CONTACT

082-232-6238

電話受付:平日8時30分から17時まで
(土日祝日・年末年始・お盆休みを除く)

▲pagetop