広島建労
(広島県建設労働組合)とは

about

広島県建設労働組合は、県内に居住し建設業に携わる建設労働者で組織する団体で、1957年(昭和32年)7月1日に設立しました。当初わずか70人で結成しましたが、現在の組合員約12,400人、建設職種は約50種で「親方」や「職人」など職層もさまざまです。

ひろけんルー君

組合では各種保険や制度の取扱いのほか、私たちの仕事と暮らしを守るため、さまざまな運動にも力を入れています。一人ひとりの力は小さくても、たくさんの人が団結すれば強くなります。その力で、生活の保障や仕事をしやすくする要求を達成するため、広島建労は全国建設労働組合総連合に加盟しています。全建総連は日本で最も大きな建設産業労働組合で、全国約63万人の建設労働者で組織しています。
広島建労の県本部事務所は広島市にありますが、県下12か所に地域連合事務所・その傘下に地域事務所を設置していますので、お近くの窓口で各手続きを受け付けています。
すべての加入・脱退・各種変更の届け出、各種費用の支払いや引き落とし、加入証明書の発行などについては、地域の窓口へお問い合わせください。

組織概要
名称 広島県建設労働組合(略称:広島建労)
所在地 〒733-0013 広島県広島市西区横川新町8番12号
電話番号 082-232-6238
FAX番号 082-294-0248
E-mail postmaster6@hiro-ken.com
業務時間 8時30分から17時00分まで (土日祝日・年末年始・お盆休みを除く)
代表者 執行委員長 岩田 忠二
設立年月日 1957(昭和32)年7月1日
取扱制度
(一部)
組合共済労働保険(労災・雇用)あんぜん共済建退共年金共済  など
広島県建設労働組合県本部

また、組合を母体として、以下の4団体があり、建設労働者のための健康保険、担い手・後継者育成事業、現場で必要な各種講習会開催、建築大工の基礎から学ぶ訓練校、自動車や住宅などの損害保険等も取り扱っています。

広島県建設国民健康保険組合(建設国保)

  • 公的医療保険
  • 保健事業(人間ドック、歯科健診など)  など

(一社)広島県建築センター協会

  • 住宅瑕疵担保保険「まもりすまい保険」(ゆうゆう住宅)
  • 担い手訓練、後継者育成、地域行事での木工教室
  • 建設キャリアアップシステム登録・変更申請
  • 各種講習会の開催(増改築相談員講習など)
  • まもりすまい保険(ゆうゆう住宅)の取り扱い  など

(一社)広島建築共同職業訓練協会

  • 職業能力開発促進法による認定職業訓練(広島県建築高等職業訓練校の運営)
  • 各種講習会の開催(作業主任者講習、特別教育講習、技能検定事前講習など)  など

(有)広島建設保険代行社 (東京海上日動代理店)

  • 各種保険の取り扱い(自動車保険、火災保険、損害保険、賠償責任保険など)
  • 組織沿革
    1957年 広島県建設労働組合を設立
    1958年 広島建築共同職業訓練協会の行う職業訓練大工科が県で認定
    1959年 広島市中区に組合事務所を設置
    1960年 広島建築共同職業訓練協会の行う職業訓練左官科が県で認定
    1962年 全支部統一「共済給付規定」の実施
    1963年 社団法人 広島建築共同職業訓練協会が認可
    1965年 機関紙「組合ニュース」を「広建新報」に改称
    1967年 組織数1万人を突破
    1969年 広島県建設労働組合会館が完成(広島市西区横川新町8-12)
    1970年 広島県建設国民健康保険組合(建設国保)を設立
    1971年 広島県建築高等職業訓練校が許可
    1972年 有限会社 広島建設保険代行社を設立
    1974年 社団法人 広島県建築センター協会が認可
    1985年 全労済に組織加入
    1993年 建設国保会館・竣工記念式典
    1998年 広島県地域建設業共同登録機構を設立
    2002年 組合ホームページを開設
    組合共済会を改定
    2008年 7ブロック制を廃止し、「12地域連合制」に移行
    2011年 社団法人 広島建築共同職業訓練協会
    社団法人 広島県建築センター協会
    が「一般社団法人」に移行
    2013年 広島建労と工務店協会が「災害協定」を広島県と締結
    2020年 (一社)広島県建築センター協会が建設キャリアアップシステム登録認定機関として認定

    お問い合わせ

    CONTACT

    082-232-6238

    電話受付:平日8時30分から17時まで
    (土日祝日・年末年始・お盆休みを除く)

    ▲pagetop